定食

【古民家食堂てぃーらぶい@沖縄】うるま市でランチを食べるならここで決まり!

投稿日:

スポンサーリンク

うるま市の離島・浜比嘉島に「午後4時で閉店」する古民家食堂てぃーらぶいがあります。「てぃーらぶい」とは「ひなたぼっこ」の意味。観光で訪れたのにもかかわらず故郷に帰った気分になりそうな、雰囲気を感じるお店です。タイムスリップしたかのような錯覚に陥りますよ。

ではこれからこのお店の情報を詳しく紹介します。

「古民家食堂てぃーらぶい」について

古民家食堂てぃーらぶいのまとめ

琉球古民家を再生利用

古民家食堂てぃーらぶい
築80年余りの沖縄の琉球古民家を再生利用した食堂です。建物自体は古いですが、営業自体は2011年7月と割と最近です。
観光客の方に沖縄の生活空間が疑似体験できる場所を提供したいと店長の中山さんが考え、浜比嘉島で空き家になっていた古民家を内装しました。そのため、外観は当時のままになっています。入り口から屏風(ヒンプン:沖縄の古民家にある門の内側に立っている目隠し。魔除けの役目も果たす)を抜けると、古民家食堂がありますよ。
古民家食堂てぃーらぶいの外観

島の人が食べているご飯を提供

ここ「古民家食堂てぃーらぶい」で提供してくれる料理は、島の人が普段日常的に食べているご飯。店主が各家庭を伺って実際に豪馳走になり、40品目のなかから厳選しました。地元で採れた無農薬野菜や名産のもずくなどを利用した浜比嘉島の日常ご飯が味わえます。観光には最適なお店です。

メニュー紹介

古民家食堂てぃーらぶいのメニュー01
木の葉っぱに紙が貼ってあり、沖縄の方言でメニューが書かれています。しかも手書きです。なんだか可愛いですね。定食は1250円で、汁物、おかず、ごはんがあり、それぞれ2種類から選べます。

メニューの裏面はこんな感じです。定食だけでなく単品メニューも用意してあります。
古民家食堂てぃーらぶい02

全体的にボリュームが多めです。

スポンサーリンク

食べたもの

定食(すべて1を選択)

定食1
メニューで全て1を選択した定食です。汁物は大根と鶏手羽の汁、おかずはスーチカーと季節野菜のあんだんす炒め、ご飯はもずく入りじゅーしー(炊き込みごはん) 。加えて、ジーマーミ豆腐揚げ、ソーメンが付いてきます。
大根と鶏手羽の汁は鶏のダシが効いていてホッとする味。
スーチカーと季節野菜のあんだんす炒めは、油みそが味は甘辛い感じでご飯が進みます。ネギがシャキシャキで美味しい!浜区母ちゃん料理コンテスト1位の料理のようです。ちなみにアンダンスー炒めは「油みそ炒め」の意味です。豚肉・脂や砂糖で味付け料理した味噌を「アンダンスー」と言います。スーチカはこれ、「豚肉の塩漬け」のことです。沖縄の保存食として一般的です。
ジーマーミ豆腐揚げは外側はカリッとしていて、中はトロトロ!ピーナッツの香りがよく効いていて良いですね。ちなみにジーマーミは落花生(ピーナッツ)のことです。
ソーメンはもずくが入っていてさっぱり!沖縄ではソーメンは年間通して食卓に上がる一般的な食材です。

定食(すべて2を選択)

定食2
メニューで全てを選択した定食です。汁物は中身汁、おかずは麩チャンプルー、ご飯はもずくの佃煮のせご飯。これにも、ジーマーミ豆腐揚げ、ソーメンが付いてきます。
中身汁はモツが大量に入っています。モツとしいたけの出汁が効いていて美味しい!生姜を合わせて食べるとまた味が変わって美味しい!
麩チャンプルーは優しい味付けです。麩に旨味がしみ込んでいます。もずくの佃煮はごはんが進む味ですね。お土産として買いたくなりました。

評価・口コミサイトまとめ

サイトの口コミ評価をまとめてみました(2018年2月12日現在)。見つからなかった評価サイトは「-」としています。

サイト 口コミ件数 評価 リンク
食べログ 27件 3.25
Facebook
トリップアドバイザー 50件 4.50
フォートラベル 14件 3.34
Retty 34件
ぐるなび
スポンサーリンク

基本情報

HP
TEL 098-977-7688
場所 うるま市の離島・浜比嘉島
営業時間 11:00~16:00
定休日 火曜日 旧正月 清明際・旧盆(中ぬ日)
住所 沖縄県うるま市勝連浜56
カード
席数 35席
カウンター
個室
喫煙席
駐車場
スポンサーリンク

Copyright© リケダン食べ歩きブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.